· 

夏バテと牡蠣の栄養素

牡蠣には、夏バテ予防に必要なアミノ酸、ミネラルとビタミン、そしてグリコーゲンがバランスよく、豊富に含まれています。 

夏が苦手な方は、体調を崩す前に、ミネラルを多めに入れておきましょう。

 

  汗をかくとナトリウムだけでなく、他のミネラルも一緒に排出してしまうためミネラルが不足する

  消化酵素は亜鉛をはじめとするミネラルが動かしている

亜鉛が不足すると消化酵素が働かなくなり食欲が落ちる

  エネルギーはアミノ酸、ミネラル、ビタミン、グリコーゲンなどによって産生される。エネルギーはエアコン風に対してのバリアー、体温調整、睡眠物質の産生、神経伝達物質の産生などなど

不足すると、エアコンに弱くなる、体温調整がうまくいかなくなる、眠りが浅くなり、イライラする。神経伝達物質が不足するので、なんだかだるくなる、しんどくなる、やる気がおこらないなどなど

  脱水予防として体液をつくるには動物性補腎食の牡蠣がよいとされる。タンパク合成に必須。潤すという観点では牡蠣は、非常に優秀な食材といえる

  こむら返り、筋肉のつれはMgをはじめとするミネラル不足は有名な話

 

  泳げない牡蠣の適応力の高さ。体温調節機能、温度ストレスに強い生物と言われている。

株式会社ヒューマン・モア
【本社】
広島県広島市
西区中広町3丁目3-21
TEL 082-295-2204

【中広工場】

広島県広島市
西区中広町2丁目14-13

地図 詳しくはこちら