牡蠣の栄養

牡蠣の栄養

牡蠣

 中国には古くから「医食同源」という言葉があります。病気の治療や予防には、人間が本来持っている「自然治癒力」を高める必要があり、その為に「食事」は「医療」と同じくらいに大切だと考えられてきたのです。


 そして、ミネラルやビタミンが発見されるずっと以前から、人類に栄養食品として人気があった食べ物があります。そのひとつが「牡蠣」でした。古くは歴史の教科書の初めにも出てくる「貝塚」。ここで一番多く発見されたのが牡蠣の殻でした。つまり、人類は一万年以上も前から牡蠣を食べ続けているのです。さらに歴史を紐解くと、牡蠣のエピソードは続々と登場します。


 西洋では昔から、哲学と芸術を愛するギリシャ市民からローマの貴族にまで、珍重されてきました。テムズ河口の牡蠣欲しさにイギリス遠征を企てたと言われる「ジュリアス・シーザー」をはじめ、戦場でも牡蠣を食べ続けていた「ナポレオン1世」、一度に144個の牡蠣を平らげていた文豪「バルザック」、ドイツ初代首相の「ビスマルク」に至っては一度に175個を平らげたなど、歴史上の人物と牡蠣の逸話がたくさんあります。


 東洋でも、釈迦の時代から栄養食として食べられた記録がある牡蠣のスープ、古代中国では体に良い調味料であった蠔油(オイスターソース)など、すでに健康食品としての地位を確立していたようです。


 日本でも、戦国武将の「武田信玄」や儒学者の「頼山陽」など、牡蠣ファンはたくさん知られており、歴史上で見ても、牡蠣はいわば天然の健康食品の元祖とも言えるのです。

広島産牡蠣

 全国一の生産量を誇る広島産牡蠣は、瀬戸内の恵まれた自然環境と、先人たちの努力に培われた450年の歴史があるのです。


 広島で牡蠣の養殖が始まったのは「天文年間(1532年〜1555年)、安芸国において養殖の法を発明せり」(「草津案内」大正13年発行)と記されているように、16世紀半ば(室町時代末期)のことだとされています。


 その当時の養殖法は、干潟に小石を並べて牡蠣を付着させ育成を待って収穫する「石蒔(いしまき)養殖法」でした。
450年以上の歴史を経て、現在は四角い筏(いかだ)から牡蠣の種を持った貝殻を棒につけて垂らし、成育を待って収穫する「筏式垂下(いかだしきすいか)養殖法」になりなした。現在の筏式へと大きく進歩した後、生産量を飛躍的に伸ばしています。


 こうした時代経過を経て、現在はわが国の全生産量の約60%、また全世界の約15%を占めるまでになっています。

 牡蠣の味は、養殖場の自然環境に大きく左右されます。広島湾は、広島を代表する太田川をはじめ、多くの川から豊富な栄養分が運びこまれ、牡蠣の餌となるプランクトンが良く育つため、味も良く、栄養価も高い、高品質な広島産牡蠣が育つのです。


 広島産牡蠣は、丸みをおびた艶やかな身と、濃厚な味わいが特長です。また、他のどの産地よりも厳しい出荷基準が定められています。


 牡蠣の養殖をするにあたって、波が穏やかでないと筏(いかだ)が壊れたりし、吊るした牡蠣がこぼれ落ちてしまいます。その点広島湾は、周りが島や岬で囲まれているため、波が穏やかなので牡蠣の養殖に最適なのです。餌となるプランクトンが多く、牡蠣の種苗となる幼生が多く存在するのも理由の一つです。さらに、年間の水温変化が牡蠣の成育リズムにピッタリ合っているのです。


 また、牡蠣の筏(いかだ)は、広島湾全体で現在約12,000台あり、自然環境循環の一部となっており、海を浄化する役割をも担っています。


 川から流れた豊富な有機物が植物性プランクトンとなりますが、それを牡蠣がエサとすることで、広島湾が富栄養化になるのを防ぎ、赤潮の発生を抑える役割をも果たしているのです。


 それは牡蠣が、1時間になんと10リットルもの水を飲んでいるからです。もちろん牡蠣がゴクゴクと飲み込んでしまうわけではありません。牡蠣1個が通す(濾す)水の量のことで、植物性プランクトンを濾し取っているのです。


 そしてさらに、宮島から江田島のエリアの面積と牡蠣筏の数を考えると、約1週間で広島湾の水を全部濾す計算になってしまいます。こうして栄養分豊富な美味しい牡蠣に育っていくのです。牡蠣筏は、広島の風景の一部になっているだけではなく、広島湾の環境の一部にもなっているのです。

牡蠣の栄養分

 私たち人間の身体は、骨や筋肉、各種臓器、神経、皮膚などで構成されています。これらをどんどん細かく分類していくと、最終的には元素に行き着きます。元素とは、自然界における物質の最小単位です。
では、人間の体を元素に分類してみると、96%が酸素・水素・炭素・窒素の4種類で構成され、残りの4%は、70種類以上のミネラルで構成されています。


 その中で、人体に必要なミネラルを『必須ミネラル』と呼び、27種類あります。


 その必須ミネラルはさらに、一日の必要摂取量が100mg以上必要とされる『主要ミネラル』(7種類)のグループと、100mg未満の『微量ミネラル』(20種類)のグループに分類されます。それ以外は微量ミネラルとして分類されますが、体内に存在する微量ミネラルはごくわずかで、体重の0.01%より少ないと考えられています。

*主要ミネラル(カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・硫黄・ナトリウム・塩素)
7種類
*微量ミネラル(亜鉛・鉄・コバルト・銅・セレン・ヨウ素・マンガン・クロム等)
70種類以上

 この分類はWHO(世界保健機構)が求める RDA(1日あたりの推奨摂取量)の違いによるだけで、体内におけるミネラルの働きを考えると、どのミネラルも欠かせませんし、体内に存在する70種類以上のミネラルが総合的に作用することが、私たちの健康には大変重要なのです。亜鉛をはじめとするあらゆるミネラルは、体内で合成することができないため、食物などから必要なミネラルすべてを摂取し、賄っているのです。

 しかし、現代では健康な人でもミネラル不足に陥ります。それはなぜでしょうか?

○日本の土壌
一般的に、ペットボトルのミネラルウォーターは外国産の方がミネラル分が多いということはご存知でしょうか。日本の土壌は火山灰地が多く、また雨が多いので土壌のミネラルがとても流出し易いのです。ミネラル含有量は欧米の土壌の1/3と言われています。

 

○農地の劣化
元々ミネラルの少ない土壌で、毎年同じ作物を栽培し、生産効率を上げるために農薬をふんだんに使い、窒素・リン・カリウム(N・P・K)主体の化学肥料を長年にわたって使用してきた結果、窒素・リン・カリウムが過剰になり、亜鉛・マンガン・鉄・銅などの微量ミネラルが作物に不足してしまいます。

 

○食生活の変化・偏食
ミネラル不足が最近は特に20代を中心とする若い世代やさらに子どもにも広がっています。その原因に、食生活の乱れが指摘されています。日本人は昔から、海の幸や野菜など、自然の恵みを食料としてきました。ところが、ファストフード、カップ麺などの加工食品やインスタント食品・精製食品が増え、さらには過激なダイエットなど、『食の偏り』がそのままミネラル摂取の偏りとなってしまいます。

 

○ストレスと食品添加物
体の中のミネラルはストレスと戦う武器になります。しかし加工食品などに含まれる食品添加物はミネラルを流出させたり、吸収を妨げたりするものがあります。食品添加物に関しては安全基準が決められていますが、この安全基準は「一つの添加物が人体に有害かどうか?」という基準だけで決められていて、ミネラルの消失は視野に入っていません。ミネラルがどれだけ消失しようが、体に直接の害を与えるものでなければ危険とは言えないというわけです。

 このような、様々な原因から現代人のミネラル不足は、深刻な問題となっています。

 そこで、豊かな自然環境の中で育ち、はるか昔から人類の栄養源として食べられてきた牡蠣です。その豊富な栄養素から「海のミルク」「海の牛肉」とも呼ばれてきました。とはいえ、乳製品や肉類に比べて脂肪分は少なく、食べ過ぎても肥満や生活習慣病を招くどころか、逆に老化や病気を防ぐ特効成分がたくさん含まれているのです。


 牡蠣には、約20種類のアミノ酸、10種類以上のビタミン、現代人に不足しがちな、20種類以上のミネラル、血液中の余分なコレステロールを取り除く働きのある不飽和脂肪酸、身体の貯蔵エネルギーとなって披露回復を促すグリコーゲン、肝機能の改善や、肥満・コレステロール値の低下も期待できる天然タウリンなどが、理想的なミネラルバランスのまま含まれているのです。

 これが、牡蠣の栄養分・牡蠣パワーの秘密ともいえます。また、古代より好んで食され続けてきた理由なのです。

牡蠣に含まれる主な成分

ミネラル

牡蠣の栄養素で特筆すべきは、亜鉛、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、リン、銅、ヨード、セレンなど、多彩なミネラルがバランスよく豊富に含まれている点です。特に、亜鉛はあらゆる食品の中でトップの含有率を誇っています。

《牡蠣に含まれる主なミネラル》

亜鉛・ナトリウム・カリウム・リン・カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガン・銅・セレン・クロムリチウム・コバルト・ヨード・バナジウム・モリブデン・硫黄
ビタミン
目や肝臓の働きを活発にするビタミンA、貧血を予防するビタミンB6、肝機能の改善やボケ防止に効果のあるビタミンB12、など、多くのビタミンがバランスよく含まれています

《牡蠣に含まれる主なビタミン》

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・コリン・イノシトール・ビオチン・葉酸
アミノ酸
牡蠣には、体内で合成できないアミノ酸である必須アミノ酸のすべてが含まれています。特に、血栓の予防、高コレステロール・高血圧の解消、心筋梗塞の予防効果のある成分として注目されるタウリンをたくさん含んでいます。

《牡蠣に含まれる主なアミノ酸》

アルギニン・リジン・ヒスチジン・フェニールアラニン・チロシン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・バリン・アラニン・グリシン・ブロリン・グルタミン酸・セリン・スレオニン・アスパラギン酸・トリプトファン・シスチン


株式会社ヒューマン・モア

広島県広島市
西区中広町3丁目3-21
TEL 082-295-2204

地図 詳しくはこちら